簡単に購入できる洗顔フォームでスッキリと

私は、毎朝・晩、洗顔しています。

毎日使用するものですし、高い洗顔フォームは購入することは難しいです。

そのため、ドラッグストアで気軽に購入することができるものを使用しています。

「高いものを使用すれば肌もきれいになる」というわけでもありませんし、自分の肌に合うものでなければ意味がないと思いますしね。

洗顔時の手順としては、朝はまず、冷水で顔を洗います。

冬場は冷たくてびっくりすることもありますが、これで目が覚めます。

そして、次に洗顔フォームを洗顔用泡立てネットに出し、よく泡立てます。

ネットを使用しなくても、泡立ちますが、ネットを使用した方がきめ細やかな泡が立ちますので、ネットを使用しています。

きめ細かな泡で洗顔した方が、肌の小さな隙間にも入り込み、綺麗に洗顔することができます。

洗顔する際は、泡を押しつぶさないように、優しく顔に当てて、洗います。

ゴシゴシこするような事はしていません。

そのあと、マッサージするように顔に指先を当てて泡をなじませます。

そして、暖かいお湯で泡を洗い流し、最後に冷水で顔を洗いなおします。

それにより、開いた毛穴も引き締まります。

最後は、タオルでポンポンと軽く当てるように水分を拭き取ります。

その後、化粧水をつけたり、化粧をしたりしています。

夜は、化粧をしている状態ですので、まずは化粧を落とすことから始めます。

まず、クリンジングオイルを手のひらに出し、指先で優しく顔に塗ります。

そのあとは、朝の洗顔の手順と同様に冷水での洗顔から始まります。

しっかりと化粧を落とすことができたことを確認したのちに、洗顔フォームでの洗顔を行っています。

私は、このような洗顔方法により、顔をスッキリさせています。

洗顔料は泡切れの良いものが一番

今までいろんな洗顔料を使ってきました。

クリームタイプ、パウダータイプ、液体タイプ・・40歳過ぎてから固定しているのは固形せっけんタイプです。

メーカーは特にこだわりはありませんが気に入っているのはDHCのお茶せっけんです。

これのどこを気に入っているかと言うと、まず泡立ちが良い、すぐ泡立つという点です。

それからここが重要ですが泡切れがとても良いということです。

どんなに良い洗顔料でも泡切れが悪いのは絶対私はダメです。

洗面所で洗顔して洗い流す時いつまでもヌルヌル感が残るのは最悪です。

汚れを落とすことより、洗顔料を肌に残すことが一番良くありません。

洗い上がりがキュキュッとするタイプが好きです。

歳も歳なので本当はしっとり潤いを残すタイプがいいのかもしれませんが、私のポリシーは汚れはしっかり落とし、その後しっかり保湿するということが大切だと思っているのです。

洗顔せっけんのもう一つ良い点は持ちが良いということです。

クリームタイプが1ヶ月ほどの持ちだとすると石鹸タイプは3ヶ月は余裕で持ちます。

それをしっかり泡だてなければいけません。

泡だてネットを使ってしっかり泡だてて軽く丁寧なタッチで洗います。

そしてしっかり洗い流しすぐに化粧水をパシパシ入れ込み保湿剤を塗ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする