保湿をこまめに、を心がけてます

十代の頃の肌はオイリーで毛穴が目立っていることが悩みでした。

なので落とす方に気を使っていました。

クレンジングオイル→洗顔→化粧水→乳液や美容液というお手入れを毎日。

ピーリング毛穴パックを週に2回してました。

けれどいつも昼過ぎには顔はテカテカに鼻の毛穴はファンデーションが詰まってプツプツと目立ちます。

使う主な化粧品は、
クレンジング→ファンケルのクレンジングオイル
洗顔→ファンケルの洗顔パウダー
化粧水→ファンケルの美白や、ロートの極潤、なめらか本舗の大豆イソフラボン、ジョンマスターのローズ&アロエ…など
化粧水に関しては、特に28歳くらいに何をつけても赤みかゆみを起こすようになってジョンマスターを使っていました。

生活習慣は睡眠を毎日なるべく多くとること、野菜を食べることを気を使います。

基本食事は食べたい物しか食べませんので、バランスかなり悪いと思います。

せめて野菜はと、サラダや野菜ジュースで補給。

年齢的なものか、大好きだった揚げ物はあまり食べなくなりました。

三十代入ってからは以前ほどのオイリースキンではなくなった代わりに、乾燥するようになってます。

あと、生活習慣のバランスが崩れたりすると肌がくすむ?顔色が別人のように暗くなるのでそれがバロメーターの役割になってます。

私なりのケア方法

女性なら誰でも自分の肌に悩みが常にあると思います。

ニキビだったり、乾燥だったり、、、特に自分に合った化粧品やケア用品を見つけることは永遠のテーマといっても過言ではないかもしれません。

その中で今いちばん私の中でベストなケア方法をお伝えします。

まず自分のお肌の状態にもよりますが、朝は必ず洗顔をします。

当たり前かも知れませんが、水で洗うのではなく、ちゃんとしっかり洗顔料を使って洗うことがポイントです。

夜のうちにしっかり保湿したお肌だとは思いますが、寝ているうちにたくさんの付着物があります。

ホコリやハウスダスト、毛布などの繊維なども付着しています。

ですので、水でパパッと洗うのではなく、洗顔料をしっかり使って洗ってください。

その後は、いつも通りしっかりと保湿し、それからお化粧をすることで、化粧ノリがだいぶ変わると思います。

次に大事なのは、そのお化粧を落とすこと。

クレンジングはとても大切ですよね。

落とし忘れが蓄積されると、ニキビのもとや肌荒れのもとになります。

ですので、クレンジングはしっかりとしましょう。

ここでポイントなのは、「ぬるま湯」で落とすことです。

化粧品の中には油分がたくさん含まれているものが多いかと思います。

ですので、ぬるま湯でクレンジングすることで、普通の冷水で洗うより落ちやすくなります。

クレンジングと保湿、この二つがとても大切です。

自分だけのルーティンを見つけて、それを根気強く毎日続けることが私なりのケア方法です。

少しでも参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする